結婚式と言えばチャペルは古い?

一生に一度の晴れ舞台とも言える結婚式。これまではチャペルでウェディングドレスというのが定番でしたが、最近では神社などで神前結婚式を挙げるカップルも増えています。日本古来からの伝統的習慣に戻ろうと考えているカップルもいるかもしれませんが、芸能人がこの方法で式を挙げたことから自分たちもと真似をするカップルも多いようです。日本の美を再び考え直すという意味からも、カップルたちがこういった日本回帰的行動に出ていることは良い兆しでしょう。

神社での神前結婚式が今熱い

神社での神前結婚式が人気なのは日本回帰という風潮からだけではないようです。もちろんチャペルでのウェディングドレスも美しいですが、日本独自の着物で文化に根差した神社で式を挙げることは、日本人として当然の姿だからです。それにウェディングドレスは披露宴でも一層際立ちますが、着物は神社の方がその美しさが一層際立つからです。神道という宗教に根付いた生活をしている日本人には、神前結婚式が一番しっくりくるのです。

よく話し合って後悔のないようにすべし

このように神前結婚式がブームの兆しですが、もちろんチャペルでもいいのです。宗教という意味合いでは日本人は神道が多いので、神前がベストですが、日本人は宗教よりもそれをイベントとして楽しむ人種なので、カップルが好きな方で挙式すればいいのです。もちろん親族の意向などもあるでしょうから、その辺もしっかりと話し合ってだれもが満足する式にすべきです。通常一生に一度の式なので、後で後悔することにないようにしっかりと話し合ってどういった式にするかを決めるべきです。

芸術と自然が融合した街・東山での結婚式を選ぶカップルが増えています。とりわけ風情あふれる老舗旅館での神前式は、当人たちのみならず招待客までも心に残る思い出深いものとなるでしょう。京都駅からアクセスがよい点も人気のひとつです。