結婚指輪の始まりとは?

現在では、結婚式で欠かせない結婚指輪ですが、そもそもの始まりはご存知でしょうか?結婚の約束をした男女が指輪を交換し、お互いにつけるという習慣は、約2000年前まで遡ります。古代ローマ時代、ローマ皇帝ニコラウス1世が、世界で初めて結婚指輪をはめた人物とされています。それ以降、貴族を中心に広がりを見せ、現代に至るというわけです。意外にも古い歴史があることに驚く方も多いのではないでしょうか?結婚指輪は、古代ローマ時代から男女の愛を誓う重要なアイテムだったのですね。

結婚式で指輪を交換するのも理由がある?

では、なぜ指輪を交換し合うのでしょうか?これも、現代の結婚式では見慣れた風景ですが、実はちゃんと意味があるのですよ。この意味には諸説あるのですが、古代より、結婚指輪はお互いのお守り、分身という意味合いがあるそうです。愛を誓い合った男女が、お互いを支え合い、守り合い、絆を深めるための証として指輪を交換し身につけたとされています。現代でもその意味合いは通じる所がありますね。古代より、男女が愛し合う気持ちは変わらないのかもしれません。

左手薬指にはめる秘密って?

結婚指輪といえば、当然左手薬指にはめますよね。当然なのですが、よく考えてみるとちょっと不思議で、これにも意味があるのでしょうか?古代ギリシャでは、左手薬指と心臓は一つの血管で繋がっているとされてきました。このことから、心と心のつながりを意味し、左手の薬指にはめると言われています。ただこちらも諸説あり、一番使わない指なので、指輪が傷つかないように・・なんていう意味もあります。どちらを信じるかは自由ですよね。遠い昔から、互いに想いを寄せる相手からの贈り物であった結婚指輪、どんな意味が込められていても嬉しい気持ちに変わりはありません

結婚指輪を左手薬指にはめるのは、ギリシャ神話に由来すると言われています。左手薬指は人間の感情を司る心臓と繋がっているとされ、指輪をはめる事で、結婚の誓いをより強くしたのです。