ハデすぎる服装は避けよう!

いざ結婚式に招待されると、当日どんな服装で出席するべきか悩むものです。男性と女性で少し違いがありますが、基本は「ハデすぎる服装は避ける」が鉄則だと考えてください。結婚式の主役は新郎新婦ですから、主役以上に目立つ服装をする必要はないのです。男性は、基本となる礼服に白かシルバーを基調としたネクタイを選びましょう。女性は貸衣装を利用するなら早めに予約を入れ、そこに真珠などのジュエリーを合わせるとよいでしょう。

どうする? ご祝儀の額

ご祝儀としてどのくらいの金額を包むべきか、これも悩みが多い事柄です。結婚という大きなお祝いですから、奮発したい気持ちもありますが、結婚式が続いてしまうと経済的な負担も大きくなります。一般的に、新郎新婦との関係が近いほど、また社会的立場が高いほどご祝儀の金額は大きくなる傾向があります。年長者に相談したり、いっしょに出席する人に聞いて金額を合わせてもかまいません。高額なご祝儀を包むときは、祝儀袋も少し豪華なものを選ぶようにしましょう。

テーブルでは会話を忘れずに

結婚式の会場では、だいたい知り合いどうしが同じテーブルになるように配慮されているのが一般的です。顔見知りだけでテーブルを囲むことができれば問題ありませんが、初対面の人と同席しなければいけない場合もあります。無理に同じテーブルの全員と会話をする必要はありませんが、最初と最後のあいさつくらいは笑顔で交わすように心がけてください。あとは提供された料理などを話題にしたり、他の人の会話に相づちを打ったりするだけでもかまいません。

結婚式場を神奈川で探す際には、情報量が豊富なサイトを活用することによって検索や比較を手軽に行うことができ、素敵な結婚式場に出会うことができます。