まずは何を誰に依頼するのか、考えよう!

結婚式と言えば、同日の受付から始まり乾杯の挨拶、余興など、当日ゲストにお願いしなければならない事も意外と多いものです。そこでまずはゲストに依頼しなければならないのはどんな物か、リストを作りましょう。それが決まれば、内容に応じて誰に頼むべきか検討をしていきます。やはり一方的な押し付けにならないように、相手の性格や状況を考えて選ぶ事も大切です。出来れば断られた時の事も想定して、事前に何人か候補を絞っておくと安心でしょう。

なるべく早い段階で依頼するのが基本!

受付の装飾など手作りする物は当然ですが、スピーチや余興なども事前の準備が必要です。相手が困らないように、候補が決まった時点ですぐに依頼をするのが基本だと言えます。もしもギリギリのタイミングになってしまった時は、必ずお詫びの言葉を伝えてそれでも引き受けてもらえるか、丁寧に聞いてみましょう。また中にはこちらが依頼する前に自分がやりたいと言ってくれる人がいるかもしれませんが、他の候補に依頼済みであればその旨を正直に伝え、他にお願いする事があるか検討を。

お願いした人へお礼を渡すのを忘れずに!

結婚式が終わったら、お願いしたゲストには必ず感謝の気持ちを伝えて、お礼を渡しましょう!お金もしくはギフトで渡すのが一般的ですが、内容に見合った金額や中身の物を。もし当日新郎新婦から直接渡せない場合は、親や受付の人から渡してもらうのも一つの手段です。結婚式の前後は自分たちの準備で忙しくなりますが、ゲストの皆さんにも気持ちよく引き受けて良かったと思ってもらえるように、最後まで配慮を忘れない事が大切です。

ホテルウェディングを品川で探している場合、様々な式場があります。ホテルやレストラン、邸宅を借りきってなど自分の希望に合ったウェディングを選ぶ事が出来ます。。